流浪の歯科技工士・王譯平・・・老馬之智

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の履歴

<<   作成日時 : 2017/01/01 12:38   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

明けましておめでとうございます。
良き新春をお迎えになったことと存じます。
中国へ来て今年で9年目の正月を迎えています。
自分の記憶のためにもその足跡を記録に残したいと思い、2009年からこのブログを書き始めました。

私は人前で話すことが苦手で、人と話す場合にも、自分の意思を上手く伝えることさえできない性格です。
歯科技工士会で活躍したり、歯科技工所経営者として従業員を引っ張っていったりなど、人の上に立って行動することはできない性格だと思っています。

昔から、講演や研修の依頼が来そうな場合には、何と言って断ろうかとまず考えていたものです。
また、出版社の方から何度か専門書の出版を依頼されたこともありますが、歯科技工の技術と使用する器機や材料は日々進化していますので、いまだに学ぶことが多く、後世に残せるような技術レベルに達することができないでいます。

「 川崎さんは歯科技工を趣味でやっておられるから・・」と歯科技工士仲間の人達から何度か言われたことがあります。
それなりに苦労もあったのですが、はたから見られた人たちはそのように感じられたようです。

肩書や名誉などにはほとんど興味を感じない性格に生まれ育ったのが幸いしたようです。
そのおかげなのかもしれません。
ひとつひとつの小さな積み重ねが必要な歯科技工の仕事に向いていて、また、自分が行きたい場所へ行って働くこともできています。
現在は、中国の北京市に住みながら若い人たちと一緒に歯科技工を楽しむことができています。

歯科技工士になって良かったと思っています。

何が幸いするのかは、一生を通して考えたときに初めて知ることができることのようです。
これからもできるだけ長く、歯科技工の世界で楽しみながら生きていきたいものだと思っています。

1941年 福岡市生まれ

1970年3月 九州歯科技工専門学校卒業、ラボ開設

1976年10月 第一回国際歯科技工学術大会の歯科技工コンテストにおいて最優秀賞と厚生大臣賞を受賞

1983年3月 ラボを閉鎖し、ドイツへ出立

1983年3月〜1983年8月 ドイツのケルン語学学校でドイツ語研修

1983年9月〜1985年6月 アメリカ・イリノイ州に本部を置く国際ロータリー財団の奨学生としてスイスのベルン大学医学部歯科補綴学科に留学

1985年6月〜1987年 ドイツ、 Braun Dental Labor勤務

1987年〜1988年12月 ドイツ、Schtoere Dental Labor勤務

1989年1月〜1995年12月 (株)ジーシー デンタルプロダクツ 技術顧問

1996年3月〜2006年3月 (有)エムリヴェール 開設

2006年5月〜2008年1月 (株)愛歯 技術顧問

2008年3月〜2010年1月 中国長春市、東北師範大学へ語学留学

2010年4月〜2011年12月 中国北京市、優根牙科医療(北京)有限公司  技術顧問。

2012年1月〜2012年5月 中国東莞市、定遠陶歯製品有限公司 技術监督

2012年6月〜2014年3月 中国長沙市、凱顿義歯有限公司と品帰口腔医院 技術総監

2014年4月〜現在 中国北京市、北京Lelejia医学技術有限公司 技術顧問

私の履歴は上記のとおりです。
今年もどうかよろしくお願いします。

川崎従道(王譯平)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ご隠居様の、素晴らしい75年の生涯を拝読いたしました。やはり日本の技工界の頂点を極めた、ご経歴でいらっしゃいます。お互い「肩書や名誉」が欲しかったら、改革をこころみたり、技工士会に逆らったりしなかったでしょうね。ご隠居様ももっとうまく生きていたら、今も講習会を行い、チャリティー講演を主催したり、日本の歯科界で肩で風を切っていたかもしれませんね。
しかしそうしなかったから「歯科技工士になって良かった」と思えるのかもしれませんね。そしてその実力は、どの国に行っても通用することが今回も証明されています。
ご隠居様は、私の憧れの先輩であり、私が師と仰ぐ人であります。これからもご自愛いただき、末永くご活躍してください。
としじい
2017/01/02 13:54
としじいさんへ
過分なご評価をいただき恐れ入ります。
としじいさんの師になれるような資格も能力もありませんが、歯科技工士の状況を変えたいと思い、改革の行動を一緒に起こした同志のひとりとして、今後ともお付き合いいただければと思っています

王譯平
2017/01/03 00:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
私の履歴 流浪の歯科技工士・王譯平・・・老馬之智/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる