流浪の歯科技工士・王譯平・・・老馬之智

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本の歯科技工業界との交流を望む北京口腔工作者協会の会長

<<   作成日時 : 2017/05/07 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

北京では1999年、歯科医療や歯科技工に従事する者のための北京口腔工作者協会という名の協会が設立されています。
中国では初めて設立された歯科技工業界のための協会とのことです。
経営に関する研究、職業訓練、学術の交流、情報サービス、社会への宣伝などの活動を行うことを目的としています。
日本でいう歯科技工士会と歯科技工所協会を兼ねたような組織ではないかと思います。
昨日、その協会の現会長である李氏から夕食の招待を受けましたので、弊社王社長と一緒に行ってきました。

中央は私で、向かって左が李氏、右が弊社の王社長です。
李氏は牙科技師(日本でいう歯科技工士)で“北京口腔医院”において技工技術部門の総監督をされています。
後方の女性は向かって左が弊社Lラボの牙科技師、右は“北京口腔医院”の牙科技師です。
彼女らは共に、短期間ですが日本のラボや歯科大学への留学経験がある人たちです。

画像


ちなみに、“北京口腔医院”は1945年に設立され、歯科医師をはじめ牙科技師など約1,100人の従業員による中国でも著名な歯科専門病院です。
李氏は1995年に一年間、日本へ留学され、当時の日本歯科大学 歯学部 高齢者歯科学 教授の稲葉繁先生のもとで指導を受けられたとのことです。

稲葉先生やその娘さんで歯科医師の稲葉百合子先生の話まで出ましたので、とても懐かしく、李氏とは不思議な縁を感じたものです。
私も東京でラボを開設していた頃に、稲葉先生から依頼されて、ご自身で支台歯形成,印象された症例を製作したことがあります。
とても厳しい条件でしたので、今でもそのときのことは記憶に残っています。

その症例というのは、上下顎ともに1歯の欠損もなく、上下顎28歯全てが支台歯形成された咬合再構築の症例でした。
上下顎ともに金属焼き付けポーセレン・クラウンによって全ての歯を連結するクロス・アーチ・スプリントによる設計が依頼されました。
上顎にはキー・アンド・キーウェイを2カ所に、また、下顎には3カ所用いて連結しました。
しかも、上下顎前歯の唇側面のポーセレン・スペースはメタルを含めて0.8mm程度しかなく、また、全てのクラウンはポーセレン・マージンによるフルベイク・タイプという厳しい条件でした。

稲葉先生はIPSG包括歯科医療研究会の代表として、喜寿を過ぎられた今も、若い歯科医師の方々を指導されています。
そのIPSG包括歯科医療研究会のホームページや稲葉百合子先生が書かれている稲葉歯科医院のホームページを見みますと、私が製作にかかわった上記の症例のことが報告されていました。
セット後18年過ぎた今でもポーセレンの破折はなく、咬合関係にも異常はなく、歯周組織の退縮もなく、ほとんどセット時のままに良好な状態に保たれているとのことです。
稲葉歯科医院の先生方とそのスタッフの方々の素晴らしいアフター・ケヤーのおかげによるものに違いありません。

李氏は1年間、北京で日本語を勉強した後に日本歯科大学へ留学されたとのことですが、若い頃に勉強されただけあって、20年以上過ぎた現在でも日本語を話され、理解されます。
日本の夏祭りでは、ハッピを着たふんどし姿で日本の若い人たちに混じり、神輿をかついだこと、椀子そばを次々と忙しく食べたことなど、留学時代の楽しかった思い出を色々と話されていました。
また当時、オウム真理教による地下鉄サリン事件があったため、地下鉄には乗らずに車で大学まで通ったこと、阪神淡路大震災を知って驚いたことなども話されていましたが、日本や日本人に対してとても良い印象を持たれているようです。

李氏は日本の歯科技工業界や教育機関の現状について、かなりの知識をお持ちのようですが、北京口腔工作者協会の会長として、日本歯科技工士会や日本歯科技工所協会の方々との交流を希望されているようです。
また、日本のラボや技工専門学校の見学も希望されています。
そのために、北京口腔工作者協会の方々を中心としたツアーを組んで、今年の11月か12月に日本へ行くつもりだそうです。
おそらく1週間程度の予定でしょうから、活動範囲は東京、名古屋、大阪を中心とした地域になるのではないかと思っています。
その際には、ツアーに混じって弊社王社長と私も同行する予定になっています。
李氏とそのグループの人たちの計画が決まりましたら、日本の関係者の方々に色々とお願いしたり、ご迷惑をおかけしたりすることが生じるかと思いますが、その際にはどうかよろしくご指導のほどお願いします。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日本の歯科技工業界との交流を望む北京口腔工作者協会の会長 流浪の歯科技工士・王譯平・・・老馬之智/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる