二日間の弊社Lラボ社員旅行

弊社Lラボの一泊二日の社員旅行に参加しました。
実習生を含む約200名の社員が貸し切りバス4台に乗り、北京から約3時間半をかけて、北京の南西にある観光地へ向かいました。
自然に恵まれた五つ星の国定自然公園における渓谷めぐりと登山が、今回の旅行の目的でした。

図1
2ヵ所のホテルに分散して宿泊することになりましたが、食事の際は、全員がひとつのホテル内の食堂で済ませました。

bailixia  (4).jpg

図2
初日の午後は、国定自然公園の近くにある広場を利用して、運動を兼ねた3種類のゲームが準備されていました。
弊社Lラボにおける8部門からなるチーム対抗ゲームです。

bailixia  (2).jpg

図3
ゲームのひとつは、30枚の絵に秘められた数字を推測し、1から30まで順番に集めるゲームでした。
最も早く集め終わったチームが優勝です。

bailixia (3).jpg

図4
川崎研修センターには女性が多いため、体力を要する他の二つのゲームでは負けてしまいましたが、頭脳を要するこのゲームでは見事に勝ちました。
優勝の記念品として大きな赤い食器を獲得して喜んでいる川崎研修センターのメンバー達です。

bailixia (4).jpg

図5
翌日は、いよいよ目的の国定自然公園における渓谷巡りと登山です。
この公園の名称は “野三坡・百里峡” といいます。

bailixia (5).jpg

図6
厳しい登山と聞き、約3分の1は登山を諦め、平地における自由観光を選んだようです。
登山の参加者だけで記念撮影を行いました。

bailixia (6).jpg

図7
渓谷 “百里峡”への入口です。

bailixia (7).jpg

図8
10月1日から始まった7連休が終わった後でしたので、渓谷内では他の観光客は少なく、のんびりとした気分に浸ることができました。
それぞれ思い思いに仲間と連れ立って渓谷内を散策し、厳しい山登りに挑戦することになりました。

bailixia (9a).jpg

神秘に満ちた自然の壮大さは、どうやってみても、私の小型カメラでは表現できません。
以下の写真は、せめて、その雰囲気だけでも感じていただければと思います。


図9
切り立った岩壁を背にして手を振っているのは、私の助手でCAD/CAM担当の張迎と臨床管理担当の王鑫麗(右)です。

bailixia (11).jpg

図10、図11
天然に形成された岩石によるアーチ状の橋で “天橋‟ と呼ばれています。
橋の長さは10m、幅は2m、厚さが1.5mだそうです。

bailixia (13).jpg

今回の社員旅行には私の妻も同行しました。

bailixia (12a).jpg

図12
渓谷の岩場を登り切ると鉄骨と木製でできた階段があり、頂上まで連なっています。
頂上からは反対方面に降りる階段が造られており、登り降りの階段を合わせると、正確には2,947階段からなっているそうです。
途中に造られた休憩用のベンチで休みながら頂上まで登りきったのですが、下りの階段では、ひざ関節やふくらはぎに痛みを感じ、川崎研修センターの教え子たちに支えてもらいながら、渓谷の岩場まで戻ってきた次第です。

bailixia (14).jpg

図13、図14、図15
下り道の渓谷の風景もスケールが大きくて、神の存在さえ感じ、心が洗われた気がしたものです。

bailixia (16).jpg
bailixia (17).jpg
bailixia (18).jpg

図16
渓谷を出たところにガイド・マップがありました。
緑色に示されたコースが渓谷の岩場の道筋にあたります。
黄色の矢印で示した部分が、登り降りした2,947の階段の部分です。
今回はこの道順を一周してきたことになります。

bailixia (20).jpg

図17
国定自然公園を出たところの小広場に珍しい車がありましたので、童心にかえって乗ってみました。
砂漠や海辺の砂浜など、どのような路面も走ることができる車だそうです。

bailixia (21).jpg

図18
その広場に、幼い頃に見たような木製のブランコがありましたので、昭和の時代の老夫婦の雰囲気にひたってみました。

bailixia (22a).jpg

図19
その際、若い頃に見た黒澤明監督の ‟生きる“ という映画をふと思いだしました。

地域の人たちの強い要望があったにもかかわらず、市役所における同僚の誰もが見向きもしなかった公園をつくることに、生きる道を見つけた主人公の老人。
彼は人に認められたくてしたのではなく、また、自分の子供のためでも、地域の人たちのためでもなく、自分自身に残された人生を生きるために・・・・・。


78歳になった今、私にも主人公の気持ちがわかるような気がしています。

プレゼンテーション1.jpg


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント