歯科技工物の輸入代行会社から退職予定の友人へ


メール拝見しました。
いつかはとは思っていましたが、やはり退職を決意されたのですね。
淋しくなります。
将来、どのような会社であれ、あなたには、できれば歯科の業界にこれからも残って欲しいと考えています。

あなたが退職されることについては、社長もさぞ残念に思われていることでしょう。
社長のお気持ちがわかるような気がします。
でもこのことは、あなたが考えに考えて決められたことですので、その決断に間違いはないと思います。

私の個人的な考えですが、貴社の主な業務内容であるソフトレジンによる中国製可撤性義歯の輸入代行は、すでに時代の流れから遅れつつあるように思います。

また、日本と中国との関係悪化や円安、それに、中国製義歯が癌を誘発する原因になるという内容の本が出版されているとすれば、多くの人達から誤解され、貴社にとっても何らかの影響も生じるでしょう。
http://pene.at.webry.info/201309/article_5.html
義歯と言えば、日本人歯科医師や歯科技工士は総義歯やクラスプを伴った可撤性義歯を頭に浮かべ、固定性の義歯は、一般に、クラウン・ブリッジと呼ばれているからです。

確かに、ニッケルクローム合金を使用した中国製クラウンからは、何年か前に、ベリリウムという発癌性物質が検出されて問題になったことがありました。
しかし、貴社で扱われているようなソフトレジンによる中国製の可撤性義歯から、そのような人体に害を及ぼす発癌性物質が検出されたということは、私はまだ聞いたことはありません。
もし、その本に書かれているような問題が義歯にあるとすれば、日本で使用されている歯科材料も含めて再チェックされる必要があるかもしれませんね。

ところで、私が知る範囲のことではありますが、技術レベルが高い中国のラボでは硬質レジンによるクラウン・ブリッジはほとんど製作されていませんし、メタルボンドでさえ、過去のものになりつつあるようです。
CAD/CAMをいかに使って、ジルコニアによる技術レベルが高い歯科技工物をいかに安価でつくるかが、これからの中国ラボにも求められつつあるように思います。
ラボの規模が大きく、資金に余裕がある中国だからこそできることではありますが、インプラントとジルコニアによる歯科技工物が主流となる時代がまもなく来るように思います。
そして、中国における歯科医療の向上に伴い、歯科技工物が単なる大量生産による工場製品ではなく、歯科医療にかかわる重要な修復物であるという考えで製作しているラボが生き残っていけるのではないかと考えています。

正直言って、日本における歯科技工物の一般的なレベルは非常に低いと思います。
製作された歯科技工物の品質は良いのでしょうが、一般的なラボで製作されている歯科技工物は、その種類や内容、価格の点において後進国並みのように思われます。
私が技工専門学校を卒業した1970年頃と何ら変わっていませんので・・・。
日本では、歯科技工士の技術や素質は優れているのに、環境が整っていないために残念なことだと思います。
中国の事情を知らない歯科医師や歯科技工士の人達にとっては、日本の歯科技工が中国よりもすでに遅れつつあるとは考えられないことでしょうが・・・。
中国の事情に熟知されているあなたにだから私も言えることですが・・・。

では、あなたも過去のことは過去のこととして、将来に向かって考えを切り替え、どうか頑張ってください。
私も中国ラボで色々なことに挑戦しながら、これからも頑張るつもりでいます。

画像


長沙市のKラボでも使用されている日本製R社のジルコニア用切削加工機です。
私がこの機種の試作品を名古屋市のN社で初めて見せてもらったのは、2011年2月中旬頃でした。
中国では、すでに500台以上が販売されたと言われます。


"歯科技工物の輸入代行会社から退職予定の友人へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント