流浪の歯科技工士・王譯平・・・老馬之智

アクセスカウンタ

zoom RSS カナダで働く歯科技工士仲間への返信メール

<<   作成日時 : 2018/12/01 12:32  

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

返信が遅れて失礼しました。
こちらこそ大変ご無沙汰いたしております。
相変わらず、カナダと日本を往復されながら講演やハンズオンコースなどを行われてのご活躍、嬉しく拝読いたしました。
私も歳を重ねるにつれ、時が過ぎていくのがますます早く感じる今日この頃です。
28歳で歯科技工学校を卒業し、30歳の半ばを過ぎたころから歯科技工の大変さを実感し、この職業は、せいぜい続けても体力がある40歳位までだなと思っていました。
その後、39歳からドイツ語の勉強を始め、その当時、精密技工の世界最高水準であったスイス・ドイツに渡ったのは41歳のときでした。
それ以来、77歳の今日に至るまで流浪の歯科技工士を続けているしだいです。

メールにありました29歳の聴覚障がいを持たれた男性歯科技工士の方が、将来は海外で働きたいという夢を持たれており、私と連絡を取りたいので貴方に取次を依頼されたとのこと。

その方に私のメールアドレスを教えられることは構いませせんが、正直、中国のラボでの勤務は日本の若い人達には耐えられないと思いますので、下記の理由であまりお勧めできません。

1) 給料が非常に安いこと。
私が勤務していますLラボの場合を例にとりますと、3年制の専門大学を卒業しても月額1,300元(約21,000円)〜1,800元(約30,000円)です。
また、専門大学卒業後に私の研修を更に2年間受けて、臨床のポーセレンやインプラント技工物を製作している者でも月額2,500元(約41,000円)〜4,500元(約72,000円)です。
日本では、専門学校卒業後の初任給が160,000円〜220,000円といわれますので、いかに中国における歯科技工士の給料が安いかがお分かりいただけると思います。

2) 中国ラボでは、どこでも2〜3ヵ月の試用期間があります。
会社の希望に合わなければ試用期間後に採用予定は取り消しとなります。
私がLラボに勤務を始める何年か前に、30歳代の日本人男性歯科技工士の方がLラボへの就職を希望して来られたそうですが、3ヵ月の試用期間後、採用までには至らなかったと聞いています。

3) 家賃が高いため、全員が寮生活をしています。
Lラボがある北京郊外の古い集合住宅でも、40u程度の1DKで約2,000元(約33,000円)します。
給料が安い中国の若い人たちにとっては、払える金額ではありません。
そのため、全員が寮生活をしています。
社員寮は一般に8人一部屋です。
部屋代は無料ですが、電気、水道代は割り勘で自分たち持ちとなっています。
食事は社員食堂でしており、食事代は、いくら食べても無料です。
中国の若い人たちにとっては、寮生活はごく当たり前のことで、慣れているようです。
地方出身者の彼女らは、子供のころから両親が出稼ぎで家にはいないため、会えるのは年に一二回といいます。
幼い頃から祖父母に育てられ、すでに中学生のころから寮生活を送っていたといいます。

4) 中国ラボでは一般に分業制となっていて、Lラボでもひとつの症例を最初から最後まで、一人で製作することはまずありません。
また、昼夜2交代制の勤務体制で行われています。
但し、私が管理しているLラボの川崎工作室は特別で、分業も夜勤も行っていません。
残業もできるだけしないように仕事の配分を考え、午後6時の終業時間には帰るように指導しています。

5) 中国で働くことを希望されている日本人男性歯科技工士の方は、聴覚障がいをお持ちとのことですので、中国の人達との交流が非常に難しいと思われます。
少なくとも筆談ができるように、中国語による読み書きは必要とされるでしょう。

6) 中国の場合は日本と違って、歯科技工士を志す若い人たちはいくらでもいますので、はたして聴覚障がいを持たれている日本人歯科技工士を経営者が雇用したいと思うかどうかです。
もし、特別な才能や技術をお持ちの方であれば話は異なるとは思いますが・・・。

聴覚障がいを持たれているその方にとってはネガティブな内容の返信となってしまいましたが、これが中国ラボの実情です。



テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりですm(_ _)m
中国の実情が良く理解でき、ありがとうございました。
ご隠居、外国で働いて生きていくことは本当に大変ですね。その国にはその国の人々がいますから。
ただ人生経験として海外で働くことは、それはそれで良いのでしょうね。そのためには、その国にお金を落とすか、労働力を落とし、その国の人に邪魔になるようなら去ることでしょうね。私はそうしてきました。
その技工士さんも、そのことが理解できれば、海外へ研修のつもりで行くのもありかと存じます。
私の海外での生活体験は全て素晴らしいものでありました。

としじい
2018/12/02 09:13
としじいさんへ

コメントありがとうございました。
大変ご無沙汰たしております。
お子様も大きくなられたことでしょう。
としじいさんのおっしゃる通りだと思います。
日本における働く環境が自分に合わないからと、海外を目指すことが悪いとはいいませんが、その国にはその国のやり方がありますので、その状況の中でその国の人達を理解しながら、その環境に溶け込む努力をする必要があります。
それはそれで、また大変なことです。
また、としじいさんのおっしゃる通り、人生経験として海外で働くのであれば、それはそれで、得るものも多いと思います。
王譯平
2018/12/02 11:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
カナダで働く歯科技工士仲間への返信メール 流浪の歯科技工士・王譯平・・・老馬之智/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる